• Makoto Sato

薬や治療についての情報を探す方へ 日本と海外の情報がまとめて読めるサイト 

最終更新: 1月21日

がんのことをオンラインで調べるのは、とても大変です。まず、情報量が多い。お話をすると、多くの患者さんが検索をしても何が正しくて、どこに欲しい情報が有るのかわからない、それが新しいのか古いのかわからない、という言葉をよく聞きます。そこで、更新されていて、内容も信頼おける公共のデータサイトをまとめてみましたので、参考にしてください。


がん情報センター「がん情報.JP」

 国立がん研究センターが運営する、がんに関する情報を一元化したサイトです。医療者向け、一般の人向けにサイトは分けられています。一般の方も医療者向けの情報を読むことはできます。全体的にとてもわかり易く書かれています。


 がんの種類別に、そのがんはどんなものなのかを解説したページ「がんの解説」には、診断から療養生活まで、一通りの情報が書かれています。また、相談窓口や先輩患者さんのお話など、最初の頃に欲しいと思う病気に関する情報が一通り詰まったページです。


国立がん研究センター がん情報サービス がん情報.JP 
http://ganjoho.jp 

小児がんについては、別のページが用意されています。
https://ganjoho.jp/child/cancer/index.html 



動画:がん対策情報センターの活動内容について



がん情報サイト

 ここは、アメリカの国立がん研究所(NCI)が配信しているデータを日本語に翻訳して掲載しています。国立がん研究センターの情報サイトよりも、もう少し深く病気の治療などについて書いてあるページです。がんの種類別に最新の治療情報を読むことができます。また、出典(どこで発表されているのか)を遡ることもできます。

がん情報サイトは、米国国立がん研究所(NCI)が配信している世界最大で最新の包括的ながん情報データベースPDQ®(Physician Data Query)の日本語版をはじめとする、がんに関する最新情報を配信するサイトです。
がん情報サイト
https://cancerinfo.tri-kobe.org/ 

 

 このサイトはアメリカの情報のため、アメリカ国内の医療事情に合わせた情報もあり、日本国内では適応されないものもあるようです。興味のある部分があれば、主治医に相談してみてはどうでしょうか。

PDQ®日本語版をはじめとする本サイトの情報は、アメリカ合衆国の医療事情に基づく情報が多く含まれており、日本国内で認められていない診断・治療方法、薬剤等がございます。 また、情報の正確性にはできるだけ配慮していますが、内容の完全性・正確性、時間の経過による情報の変化、人為的エラーによる誤表記について保証することはできません。 情報源に遡って確認されることをお勧めします。

 


ネットの情報だけに惑わされないで


 インターネット検索はとても便利で、たくさんの情報にアクセスすることができます。患者さんのブログや、コミュニティサイトは人気の情報源です。また、たくさんのまとめサイトも作られています。ここもその一つですね。


 たくさんの情報からある程度わかりやすくまとめてくれてある「まとめサイト」はとても便利です。また、わかり易く解説している「解説サイト」も、とても便利です。その一方で、その情報の確かさを確認する方法は、今のところ無いようです。


 国立がん研究センターによる情報の正確さについての調査では、公正さや正確さを満たしていたのは50サイト中1サイトのみだった、という結果が出ています。

2016年4月20日の調査結果では、8つの条件をすべて満たしたのは50サイト中1件のみでした。8つの条件を見ると、それほど特別な、満たすことが難しい項目はないのですが、すべてを満たしたサイトが1件のみであったことから、情報提供のされ方は運営者に独自なものになっていることが示されました。 インターネット検索によって得られる「がんに関する情報」は正しいか
〜患者を不確かな情報に迷いこむ“がん難民”にさせないために〜

石川 文子 氏(国立がん研究センターがん対策情報センター がん情報提供部 研究員)https://epilogi.dr-10.com/articles/2000/ 

 情報を読んで、その情報を鵜呑みにする前に、担当医や看護師に相談してみてはいかがでしょうか。みなさんの医療チームは、専門家の集団で、一番の応援団です。ページをプリントアウトする、スマートフォンでページをスクリーンショットして見てもらう、などそのページを共有し、内容を確認してもらいましょう。


 国立がん研究センターでは、正しい情報を見極めるポイントを発表しています。参考にしてください。

情報を探すときのポイントとは 国立がん研究センター「がん情報.JP」
https://ganjoho.jp/public/support/moshimogan/moshimogan03.html

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

相談と専門美容室のディピアでは、人毛ウィッグ・帽子・ブレストバンド(胸部圧迫帯)・ケア用品・その他この時期に使いやすい雑貨類を販売しています。




相談もショッピングとも、オンラインと実店舗があります。

【公式】オンラインストア
人毛ウィッグ・ケア用品・帽子・ブレストバンド(胸部圧迫帯)・雑貨など
https://dipeer-online.shop-pro.jp 

ショッピングとは関係なく、気軽に話せる無料オンライン相談(30分・予約制・無料)をやっています。抗がん剤使用中など、脱毛時期の過ごし方を気軽に相談できるオンライン相談です。気軽にご相談ください。押し売りはしません。お話を聞き、質問に答え、必要な情報の提案をします。

>オンライン相談専用予約ページ
https://fb.com/book/DiPEER.kokura/ 
>公式サイト
https://dipeer.jp 

無料相談でお答えできる内容は、以下3項目です。 ​① 抗がん剤使用中の脱毛について 脱毛、ウィッグを作るタイミング、使うもの、よく使われているものなどをお話の内容にあわせて提案しています。 ② 脱毛症などでウィッグを使う方へ 脱毛部分をカバーするウィッグについて、情報提供をしています。よくご相談される内容は、ウィッグをすでにお使い頂いている、初めての脱毛にとまどう時、今お使いのウィッグの修理、宅配便でカットやメンテナンスを行いたい、ヘアスタイルを変えたい、など様々です。お手持ちウィッグの修理やメンテナンスは、メーカー不問です。その場で大体のお見積りを出すことも可能です。 ③ブレストバンド、帽子を見てみたい ​専門美容室PEERの商品を取り扱っております。ブレストバンドや帽子を見てみたい方もご相談ください。使い方のコツなど、ご紹介いたします。




このページの情報は、抗がん剤の脱毛時期をサポートする相談と専門美容室ディピアが作成しています。お客様に相談を受ける内容を中心に、できる限り正確な情報を記載しています。内容についてのご意見やご感想は、お問い合わせフォームよりお知らせください。



治療や脱毛症・その他髪の毛が抜ける時期を過ごす方へ 相談と専門美容室 ディピア DiPEER 

福岡県北九州市小倉北区馬借2−6−3

https://dipeer.jp


#がん情報  #病気を調べる #正しい情報

 

治療や脱毛症・その他髪の毛が抜ける時期を過ごす方へ

相談と専門美容室 ディピア DiPEER

093-531-2378

福岡県北九州市小倉北区馬借2丁目6−3

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Blogger

©2020 by DiPEER