• Makoto Sato

気持ちが落ち着かない方へ 専門家と話せる相談窓口をまとめました

最終更新: 1月21日

 なった人にしかわからない、先輩患者さんはこの気持をどう乗り越えたのだろう、私のもやもやはどうしたらいいのだろう。そんな気持ちを整理したり、情報の糸口をみつける相談窓口があります。


今回は2つの窓口を紹介します。どちらも無料で、だれでも、何回でも利用することができます。
がんの拠点病院にある「がん相談センター」
日本対がん協会の「がん相談ホットライン」

■がん相談支援センター

 全国にある、がん診療に関する拠点病院に設置されている公的な窓口です。その病院に通院していない人でも相談することができます。何をどこに相談したらいいのかわからないという患者さんは、以外に多いのです。自分の悩み事を相談する窓口がわからないときは、まずここに連絡してみてはいかがでしょうか。

 がん相談支援センター」は、全国の「がん診療連携拠点病院」や「小児がん拠点病院」「地域がん診療病院」に設置されている、がんに関するご相談の窓口です。

 

 広く大きな内容を受け付ける窓口で、情報の糸口を見つけるお手伝いをしてくれます。こんなことを聞いていいのかなと遠慮される方がいますが、どうぞ遠慮なく相談してみてください。あなたが一人で悩んでいることを、しっかり聞いて、解決への糸口をみつけるお手伝いをしてくれます。


 対応可能な代表的な相談内容は、以下のようになっています。

2020/12/25確認 元データhttps://ganjoho.jp/public/consultation/cisc/content.html 

 相談は患者さんご本人だけでなく、家族や親しい人も利用できます。もし、悩んでいることがあったら、ぜひ近くの相談センターを訪ねてみてください。電話やメールで事前にご予約をおすすめします。最近は、お電話での相談が増えているそうです。

 これらの病院は、全国どこにお住まいでも質の高いがんの医療が受けられるように、厚生労働大臣が指定した施設です。指定された施設は、治療の内容や設備、がんに関する情報提供などについて、一定の基準を満たしています。全国の「がん診療連携拠点病院」などについては、「がん診療連携拠点病院などを探す」をご参照ください。 


■日本対がん協会の「がん相談ホットライン」

 各種類の専門家が電話で相談を聞いてくれます。相談にのるのは、看護師や社会福祉士などです。

がんになると、治療や副作用のこと、お金や仕事のこと、毎日の暮らしのこと、人間関係のこと、
がんとの向き合い方やこれからどう生きていくかなど、様々な悩みや心配事が出てきます。
誰かに気持ちをきいてほしい時や、不安で仕方がないという時もあるかもしれません。
そうした不安や悩みを伺い、どうすればよいのかを一緒に考えます。
https://www.jcancer.jp/consultion_and_support 

 

 こちらは、悩んで心が重くなったことを一緒に支えてくれる、気持ちのサポートがメインのようです。公開されている相談内容についてのグラフによると、症状・治療・心の問題が多くを占めています。それらを、経験豊かな看護師や社会福祉士が電話で相談にのっています。



 がん診療のスピードに自分の心がついていかない、手術などによる外見の変化や自分の生活の変化が受け止められない、そんなときはぜひここに電話してみてください。PDFに詳しく相談対応の内容について書かれていますので、参考にしてください。

■がん相談ホットライン リーフレットPDF
https://www.jcancer.jp/wp-content/themes/jcancer-renew/img/hot-line/hotline-leaflet-2019.pdf 

 





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

相談と専門美容室のディピアでは、人毛ウィッグ・帽子・ブレストバンド(胸部圧迫帯)・ケア用品・その他この時期に使いやすい雑貨類を販売しています。




相談もショッピングとも、オンラインと実店舗があります。

【公式】オンラインストア
人毛ウィッグ・ケア用品・帽子・ブレストバンド(胸部圧迫帯)・雑貨など
https://dipeer-online.shop-pro.jp 

ショッピングとは関係なく、気軽に話せる無料オンライン相談(30分・予約制・無料)をやっています。抗がん剤使用中など、脱毛時期の過ごし方を気軽に相談できるオンライン相談です。気軽にご相談ください。押し売りはしません。お話を聞き、質問に答え、必要な情報の提案をします。

>オンライン相談専用予約ページ
https://fb.com/book/DiPEER.kokura/ 
>公式サイト
https://dipeer.jp 

無料相談でお答えできる内容は、以下3項目です。 ​① 抗がん剤使用中の脱毛について 脱毛、ウィッグを作るタイミング、使うもの、よく使われているものなどをお話の内容にあわせて提案しています。 ② 脱毛症などでウィッグを使う方へ 脱毛部分をカバーするウィッグについて、情報提供をしています。よくご相談される内容は、ウィッグをすでにお使い頂いている、初めての脱毛にとまどう時、今お使いのウィッグの修理、宅配便でカットやメンテナンスを行いたい、ヘアスタイルを変えたい、など様々です。お手持ちウィッグの修理やメンテナンスは、メーカー不問です。その場で大体のお見積りを出すことも可能です。 ③ブレストバンド、帽子を見てみたい ​専門美容室PEERの商品を取り扱っております。ブレストバンドや帽子を見てみたい方もご相談ください。使い方のコツなど、ご紹介いたします。




このページの情報は、抗がん剤の脱毛時期をサポートする相談と専門美容室ディピアが作成しています。お客様に相談を受ける内容を中心に、できる限り正確な情報を記載しています。内容についてのご意見やご感想は、お問い合わせフォームよりお知らせください。



治療や脱毛症・その他髪の毛が抜ける時期を過ごす方へ 相談と専門美容室 ディピア DiPEER 

福岡県北九州市小倉北区馬借2−6−3

https://dipeer.jp



#がん情報  #相談窓口 #正しい情報

 

治療や脱毛症・その他髪の毛が抜ける時期を過ごす方へ

相談と専門美容室 ディピア DiPEER

093-531-2378

福岡県北九州市小倉北区馬借2丁目6−3

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Blogger

©2020 by DiPEER